おかげさまで50年! つけもの専門店

素材や産地、技や工法にこだわって、ここに金沢の家庭的なつけもの屋が根づいています

0000011602.jpg

HOME ≫ 金沢漬け物の歴史

金沢漬け物の歴史

創業50年、伝統の味

0000010818.jpg
大徳食品工業は、家庭で作る漬け物の代行業として発足し、はや創業50年。
おいしい漬け物を作るために、時間を十分にかけて工程し、よりおいしく作ることに研究と改良を重ね、今の漬け物屋がおります。
一つ一つを大事にすることから全て手作業で、皆様のもとに届けています。



全国的に見て薄味

0000010819.jpg
昔から、漬け物の味は金沢が薄味、富山が濃い味として知られています。
今でも金沢は全国的に見ると薄味の傾向ですが、近年は万人に受けいれられるような味に変化してきています。


金沢名産「かぶら寿し」

0000010814.jpg
かぶら寿しは昔、加賀藩の漬け物として人気を博し、身分の高いものにしか食べることのゆるされない、江戸の献上ものとして作られていました。
近年では大量生産をするところも増えて、誰でも口にすることが出来るようになりましたが、私どものかぶら寿しは、原材料を国産にこだわり、昔ながらの手作業でつくっておりますので、いつの時も変わらない、家庭の味をお届けすることができるかと思います。

モバイルサイト

大徳食品工業(株)モバイルサイトQRコード

大徳食品工業(株)モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!